あいがけカラスマカリー

洋食

烏丸蛸薬師のカラスマカリーさんでポークとチキンの合いがけ二つの美味しさを味わう本格的カレー

カラスマカリー

いつもカレーから遠ざかっていると、突然食べたくなります。

最近は、「キーマカレー」を主に選択するのですが、あの口当たりや風味がたまに食べたくなるんです。

でも、今日はカレーとキーマ、両方を同時に味わえる、「カラスマカリー」の合いがけを目指しました!

カラスマカリーさんでは、チキンカレーとポークキーマを、同時にかけてもらえるのです♪

いちど食してから、この味わいをもう一度♫と、ずっと思ってきました。

カラスマカリーさんは、「ロックバー・アックンズ」というライブハウスにて、
お昼のみ開かれている貴重店です。

烏丸通りと、蛸薬師通りの交差するところにありながら、地下に降りていくので、
ちょっと場所がわかりにくいかもしれません。

とにかく、「Akkunn's」の電飾とメニュー看板が目印。

階段下を降りていくと、お店のドアがあります。

入ると大きなスクリーンに映像やニュースなどが映っていますが、
ロックバーらしく、音楽も流れてます^^

テーブルもゆったりと座れるようになっていて、
ひとりで行っても、気兼ねなくどの席でも選べます。

ちなみに、カウンターはあるのですが、カリーの時はお水などを置く場として使われてます。

アックンズ

こちらの店主さんは、ジャパメタ全盛時代の「ラジャス」のベーシストの方です。

ロックだけど、優しい紳士なので、女性のお客さんでも気軽に行けると思います。

カラスマカリー

メニューも変わっていません。

先日ちょうど一周年の記念だったようです。

Akkunn's

アックンズロックバーで食べるカレーポークのキーマとチキンのカレーの味わいは?大きめのチキンが入ってるカレーか、ココナツミルク入りのポークキーマか

座って待つこと数分。

開店すぐにいったせいか、すぐにカレーが出てきました!

アーこれこれ^^

ダブルの味わいのお楽しみです。

いい匂い~。

あいがけカラスマカリー

まずチキンカレーから。

これは・・・なんとゴロゴロとしたチキン入り♫

カラスマカリーチキン

しかも柔らかく、スプーンでも簡単に切れてしまう。

スパイスが効いているんだけど、どこか優しいジャパニーズカレーをも思い出すような風味。

インドカレーのようでもなく、トロリとしたカレーがご飯を巻き取って一緒にすくい上げてくれるようです。

カラスマカリーチキン

このカレーは、家庭的で本格的です。

また一口食べたいと、尾を引きます^^

次はポークキーマ。

入っているのは、赤と黄色のピーマンかパプリカ。

このキーマ、水分が多そうだけど、口に入るとスパイスが広がります。

なんやったかな?この甘みと独特の風味・・・。

こちらも一口ひと口が尾を引きます♪

キーマが好きで、家でも作るけど、こんな本格的なものはなかなかできません。

ちなみに私は「味噌」を入れて、少し違うキーマを作るので、
このキーマは、ジャストなお味です。

ポークキーマカラスマカリー
カラスマカリーポークキーマ

さてお箸休めの総菜。

これも手作りです♪

大根のピクルス、ニンジンの甘煮と、これもあっさりしていて<
カレーの合間に食べると、口の中もスッキリします。

カレー屋さんはたくさんあるけど、こちらは手作りが優しく美味しいです。

さて、あのキーマの時のお味で、わからなかった風味。

クミン・シード・カルダモンなど、定番のスパイスをいれられているそうですが、もう一つ味を引き立たせているものがある!

何かな~と聞いてみたら、

「ココナツミルクと違う?」といわれて、「そうやわ!」と納得。

これ以前も、店主さんに聞いたことがある・・・。

何という記憶力やろ。忘れていたとは・・・。

「味噌キーマ」しか作らない私のレシピにも、ココナッツミルクを入れておこうと思いました。

カレーへの想い、遂げられたので良しです♪

ごちそうさまでした。

カラスマカリー

 

京都市中京区手洗水町646-2 烏丸第3スタービル B1F

月〜土で営業中(11:30~14:30)

テイクアウト、ウーバーイーツで宅配も可

最近の投稿

-洋食
-, ,

© 2021 ひとりはんなりグルメ