麵屋優光黒竹ラーメン

中華

烏丸御池すぐの麵屋優光で黒竹ラーメンを選んだわけとは

いつか行ってみたかった「ラーメン店麵屋優光」さん。

小腹が空いた時刻に、行ってみました。

いつもは行列の人だかりを見ながら、通り過ぎていくこともあり、
一体全体、こちらのラーメン店はどうして人気なのか?よくわかりませんでした。

新しい店舗ということは知っていたので、ネットで調べて訪れることに^^

遅い時間に食事したので、あまりお腹は空いていなかったのですが、

とにかくラーメン!

と思いこみ、またまたお店へ直撃となりました。

開店の17時半は過ぎ、18時半ころになろうとしていたのですが、
行列もなく、すんなり入ることができました。

といっても、スグにまた人が入ってきたりして、
時間帯によっては、夜も行列が出来るんだろうなあと思えました。

先日も休日の午前中、11過ぎに到着するも行列が。

並ぼうか、どうしようかと悩んだ挙句違うお店へ行きました。

今回は、ラーメンが食べたい!との思いで、並ぶのも覚悟していきました。

・・・大丈夫みたい・・・。

ちょうど時間も良かったんです。

帰りには行列ができていましたから。

麵屋優光

入り口に入ると、二階に通されました。

券売機もなく、お店の人が数人二階を行ったり来たりして,
ラーメンなどを運んでおられます。

私は二階へ上がり、カウンターにと告げられたので座りました。

麵屋優光

外観はおしゃれモダンな感じでしたが、中はシンプルです。

ちょうどカウンターからは、モニターが良く見えます。

「ミスチル」のコンサートでした♫

麵屋優光店内

醤油でお酢が入る味とは、黒竹ラーメンは麺太だった

麵屋優光メニュー

このメニューを見る限り、すごく材料に凝ったスープみたいです。

京都の醤油ってどんなだろう?
数種類の醤油のブレンドは、ラーメン店ではじめてみました。

淡竹ラーメンか、迷いました・・・。

これはきっと、普通のラーメンより繊細な味付けなんやろうな。
貝系・・・とは。

迷う~。

でも、黒醤油とフルーティという文句に、ついそちらに気が行ってしまう。

酸辣湯みたいな、お酢が入っているんだろうか。

そして、やはり気になるものははずせなく、「黒竹ラーメン」を選びました。

あと、ひと席隣の男性が、焼き豚のトッピングなどを頼まれていたので、
私も頼もうかと思ったのですが、ラーメンには焼き豚三枚はついているとのことで、それで十分でした。

麵屋優光黒竹ラーメン

いつか食べてみたかった「黒系」ラーメン、来ました♪

ここの○○竹の「竹」とは、小さな淡竹(はちく)だったのですね!
メンマの代わりというより、準主役でもありますね。

配膳のとき、エプロンは要りますか?たずねていただきました。

どうしてですか?と聞き返すと、
かなり濃いスープなので、服に汚れが付くのを防ぐためだとか。

でも普段着だし、しずかにスープを飲めば大丈夫と思えたので、
ありがとうございます、ともらわないでおきました。

ラーメン店でこんなふうに気を使っていただいたの、なんとおしゃれな気遣い!

後でさりげなく、ティッシュも置いてくださっていました。

さあ、スープ♫
お醤油の柔らかな味と、酢が混ざり合って和風な感じでした。

麵屋優光黒竹ラーメン

ふと~めん!噛み応えもあります。

麺は毎日製麺する自家製麺で、こだわりのコシと全粒粉の風味だそうです。

もっちりやなあ

麵屋優光黒竹ラーメン

そして焼き豚は薄めですが、お肉の味が深い・・・。
旨味があります!

多分このだしと麺に合わせた、焼き豚なんやろうな。

麵屋優光黒竹ラーメン

あんど・・・淡竹。

そのまんまの筍の匂いがしてきそうです。

歯ごたえもありでした。

麵屋優光黒竹ラーメン
麵屋優光黒竹ラーメン

あっさりしていて、それでも醤油のコクがあります。

スープはほぼ飲んでしまいました。

ラーメンスープは、お店によってそれぞれだけど、
こちらは上品でいて、優しいお味でも濃厚でした。

ミスチルを見ながら、麺もすべていただきました。

麵屋優光映像

今回もごちそうさまでした。

麵屋優光

 

HPはこちら

075-256-3434

11:00~15:00/17:30~22:00

日曜営業

木曜定休

京都市営地下鉄烏丸線『烏丸御池駅』(出入口6)より徒歩約1分

最近の投稿

-中華
-, ,

© 2021 ひとりはんなりグルメ