くらうど鮪づくし

和食

本鮪と創作料理「くらうど」のマグロ尽くしランチ豪華版(金土日限定)に驚き!

鮪(マグロ)と日本酒、合いますね。

創作料理と豪華版マグロランチを提供されている、「くらうど」さんを訪ねてきました。

吟醸くらうど

刺身はあまり食べないのですが、かなり美味しいマグロは、
実は中落ちだと、ひそかに思っています。

しかも、切り身できれーいに飾られているのより、
ゴロゴロと、手をかけないで切り落とされたのです。

今日はもちろん、きれいに飾られてあって、しかも色んな部位があるという、
マグロ尽くし「本鮪(マグロ)彩り重」を希望してました^^

とはいえ、今回は、日本酒抜きのランチです。

週末休日限定メニューは、どう出てくるのか楽しみでした。

吟醸くらうどの名前通り、日本酒の品ぞろえが多数のお店はまさに「お酒に合う」創作料理

まず地酒のメニューが目に入りました。

へえー、沢山あるんやね。

だから「吟醸 くらうど」という店名なんだ、と理解。

しかも、通の好む「辛口」ばかり。

吟醸くらうどメニュー

たまに、フルーティーありです。

これだけあると、一種類でも飲んでみたくなりますね^^

スッキリにごり、なんかもどんな風い「にごり」があるのか、
気になります。

全国のお酒を吟味して、取り寄せられたようなメニューです。

が、お酒のインパクトはあったものの、今日はNo酒ランチ。

とにかくランチを頼むために、メニューを再考します。

まず、金土日限定メニュー。

本鮪(マグロ)宝石箱重・・・ウニ・いくら付きの贅沢なお重・・・というものもあり。
こちらは、お重のみで、汁物と副菜はなさそうです。

どうしよう、と思うものの、決めていた「本鮪(マグロ)彩り重」を選択。

休日のランチを豪華版にできる上に、ウニ、いくらも惹かれましたが、
そもそもウニ・いくらよりも、マヨネーズ系寿司好きということもあって、
今回は、マグロのいろんな部位を楽しむ方へ、行きたいと思います^^

吟醸くらうどメニュー

また本鮪ハラモというものがあるのを知りました。

こちらも、生のマグロ部位のユッケもついて、豪華ランチです。

吟醸くらうどメニュー

でもやっぱり、昼飲みランチやんねー、これは。

こちらは、何気に見た一品メニューですが、
いろいろ創作してはるね。

何もかも、吟醸のためにある? みたいなメニューを一度食べたくなります^^

吟醸くらうどメニュー

お昼でなくじっくり座って、飲んで食べてみたいなー(笑)

知らないで食べた「鮪(マグロ)皮のポン酢」と「鮪(マグロ)の生ハム」

頼んだランチの詳細メニューがありました。

吟醸くらうどメニュー

お醤油まで手作りで、マグロに合う用です。

さて、そんなランチの前菜である、くみ上げ湯葉サラダが来ました。

湯葉サラダ

これに乗っかってる、クルトン。

自家製なのか、香りとカリカリ感が半端ないです。

湯葉とドレッシングは、私的にはミスマッチですが、
これが気に入ってしまいました。

いつまでも食べたい気分になる、クルトン^^

クルトン

そして鮪(マグロ)のアラでとった、お汁。

くらうど鮪づくし

そして、そして、「鮪(マグロ)の宝石箱やー」ではない方の、「本鮪(マグロ)彩り重」♪

初めて見るこの豪華なマグロたちに、感動しました♪

お刺身買いに行っても、こんなんはないし。

いろんな部位が、味わえるんですよ♪

本鮪彩り重

ただ、部位をよく知らないままに食べ進んで、
気づけば、そうや、説明があった!と読み返してみて・・・。

鮪(マグロ)の皮て知らんかったし。

はじめはそのまま食べてみましたが、味がなく(笑)醤油をつけてみました。

本鮪彩り重

そして、マグロの生ハム。

このハムは、いつも食べるマグロのお刺身のような形ですが、
美味しいです。

本鮪(マグロ)彩り重ランチ

赤身らしきもの。

というか、赤身でした。

ブロックで食べ応え◎大きいです。

本鮪彩り重

こちらは、タタキだそうです。

中は赤身で、表面はこんがりしてて、生より好きです。

本鮪彩り重

あぶった味わい、風味が残ります。

プロの技で本鮪(マグロ)の様々な部位の味比べを堪能できたランチ

ここで、よっこらしょっと、下にあるご飯をお箸にのせて食べてみました。

ご飯粒、立っています。

硬(かた)めに炊いてあり、酢飯ではないのですが柔らかい鮪(マグロ)と食べると、
柔らかさと硬(かた)めの味わい、不思議なコラボレーションを生みます。

本鮪彩り重

そして、これは、何?レバー?

みたいな部位ですし、歯ごたえもレバーみたいな感じです。

説明には「漬け」とありました。

一つのマグロでも、部位によっても、調理法によっても変わることがよくわかりました。

マグロを知り尽くす知恵の、料理法はやっぱりプロならでは。

本鮪(マグロ)彩り重ランチ
本鮪(マグロ)彩り重ランチ

箸休めに、紅大根・・・のいろどり。

さすがに、これほどマグロで尽くされると、ちょっとお休みします^^

本鮪(マグロ)彩り重ランチ

「鮪(マグロ)酒盗チーズ」

塩をした肝がチーズに載っているようです。

これは・・・お酒のあてのまんまや・・・。

本鮪(マグロ)彩り重ランチ

こちら、タタキの部分、玉ねぎのスライスと食します。

きれいなピンク色ですね♪新鮮です。

そして、トロの部位。

本鮪(マグロ)彩り重ランチ

やっぱり、トロ!で、旨味も甘みもあります。

ただ、これだけいろんな部位を味わえると、いつもテンション上がるトロの身も、
同じような美味しさの違い、として感じるから不思議です。

味覚には様々な刺激がいくと、
それぞれの味わいを、特別だと脳が感じるのでは?と思います。

脳のセンサーが、あれもこれも「美味しいやん」と^^

本鮪(マグロ)彩り重ランチ

シラスなども入っているので、味が混在化しがち。

美味しけど、シンプルに味わえるのは、実は数少ないときなのかな、と。

食後の感想・・・いえ食中の感想共、

「日本酒飲んだらよかったぁ・・・」

でした。

やはりマグロやお刺身系は、日本酒が生臭さを消して、
口の中もベストな爽やかさになり、消化にも貢献していますね。

次回にはぜひ一緒に日本酒を、と固く?誓いました^^

インスタでアップしたら、「きな粉のミニティラミス」のプレゼントがあるそうです^^

吟醸くらうど

ごちそうさまでした。

吟醸 くらうど 情報はこちら

ぎんじょう くらうどWebサイト

夷川通りと室町通りの角の2階建て1軒家

ランチ 11:30~15:00(金、土、日曜日限定)
    ディナー17:00~24:00(LO23:30)

ランチ宴会もできるそうです。詳細はお店に確認してください。

定休日 無休  時短営業時などのため店舗にご確認ください。


京都ランキング

最近の投稿

-和食
-, ,

© 2021 ひとりはんなりグルメ