ル・プチメックのパン

テイクアウト

京都で人気のパン屋さんル・プチメック御池でランチパンをテイクアウト

年末、何かと忙しいこの頃。

お昼には、サッと食べられるものがいい、としたらパンになる。

コーヒーを飲みながら、パンをつまんで、色々雑用をこなしたい。

ということで、今日のランチは「ル・プチメック」でパンを買いました。

御池衣棚通りを北へ少し入った、マンションの一階にあるル・プチメックは店外でも飲食可能

ル・プチメックさんは、多数の店舗を持つ、パン屋さん。

今出川店や大丸店、そしてロールパンに具材が特徴のOMAKE店、
東京と心斎橋に店舗があります。

人気なのは、その独創的なパンや具材にあります。

しかも、フランスから来たシェフやブーランジェ(パンの職人)達から、

日本で最もフランスらしいとの評価もあるようです。

Le Petitmec サイトより
ル・プチメック
ル・プチメック

こちらの店舗、一番初めは、場所がわからなくて探したほど。

マンションの一階に、お洒落な構えのドアが目につきました。

手前は植木があって、少し奥まった入り口なので、
通り過ぎてしまうような場所でもあります。

ル・プチメック
ル・プチメック

ほんまに人気なのがわかるのは、いつ行っても人が絶えません。

以前のお気に入りのサンドイッチ類がなくなってから、
少しの間行かなくなっていたんですが。

また、パンを求めて~もしかしたらサンドイッチあるかも?!
との期待も込めて、入ってみました。

ル・プチメック

けどやっぱり、ないわ…

違うバージョンを選んでみようと、
後からの人が入店されても、尚、色々見て回りました。

といっても、そんなに広くない店内ですから、
人の後ろに居て、ポップの文字を読むのがやっと(苦笑)

皆さん、パッと決められてました。
またお昼時なので、ドア外で並んでいる人も。

早くしないと、と焦る気持ちと、
気に入ったパンを食べたい欲求が交差して、店内を行ったり来たり(笑)

気になったのは、「リヨネーズ」。

何やら特製のオニオンソースなど、バケット生地が違うようです。

あとは、プチシリーズのパンズの、
「プチ・ニソワーズ」

小さなバーガーパンに、凝った具材をサンドしたもの。

具材によっては、あまり入っていなかったりもしますが、
美味しいものは、これ一個で満足できるほど。

ベーコンとオリジナルなバケット生地のリヨネーズパンとソースも具材もたっぷりのプチ・ニソワーズ

本日はこの二つ、

「リヨネーズ」「プチ・ニソワーズ」をゲット!

ちなみに、「プチ・ニソワーズ」は人気でおすすめと書いてありました^^

ル・プチメックのパン

これ、きっと写真より実物は小さめですが、
あけて驚く!具材たちです^^

まず、「プチ・ニソワーズ」から。

小さいけど重みがあり、具がはみ出そうになってます。

プチニソワーズ
プチ・ニソワーズ

食べるとめっちゃ好みの味。

アンチョビ(と書いてあった記憶)ツナ、卵、ドライトマト等々。

黒オリーブのペーストっぽいかな?

とにかく、コクが出て美味しい♪

プチ・ニソワーズ

もっとゆっくり食べたら、良かったですが。

この具材は次回もリピしたいですね^^

小さな一個でも、お腹も落ち着きます。

そして次はリヨネーズ。

リヨネーズ

リヨネーズって、マヨネーズの単語をもじっての造語かと思いきや、

フランス、リヨン地方スタイルの料理に使われる、言葉だそうです。

リヨネーズとはフランス料理で、リヨン地方のスタイルの料理に用いる言葉。
たまねぎを用いる料理が多い。

コトバンク

リヨンだから、リヨネーズなんですね^^

パン生地ですが、こんなに伸びる~。

リヨネーズ

モチモチで、柔らかいです!

見た目と外側の生地とは、別物。

そこにソースの味付けとベーコンがマッチして、
食べ応えもアリです^^

リヨネーズ

こんなベーコン一枚入ってる!

さすがフランス料理からの、パンズですね。

これで230円はお得です。
プチニソワーズは210円。

味もお値段とも、人気店なのが、今回よくわかりました。

お腹も満足です。

ごちそうさまでした。

ル・プチメック(Le Petitmec)御池の情報はこちら

Web サイト

075-212-7735

全日 09:00〜18:00
無休   お盆・年末年始は休業


京都ランキング

最近の投稿

-テイクアウト
-, ,

© 2021 ひとりはんなりグルメ