SIZUYAのパン

テイクアウト

三条にある京都SIZUYAのニューバードとカツサンド、新しいカルネバージョンお持ち帰り

京都三条SIZUYA志津屋

京都のパンと言えば、進々堂、志津屋SIZUYAですね。

志津屋SIZUYAは、1948年から創業だそうです。

ちなみに進々堂は1913年からだとか。

どちらにしても、長く続くにはそれなりの企業努力があってこそですが。

志津屋の店舗は至る所にあります。

駅中だったり、カナート(スーパー内)だったり。

それだけ、京都人は志津パンが好きなんですね^^

私自身は、すでに昔からの好きな定番のパンが決まっています^^

お店に入ると、ずらりといつものパンが並んでいますが、新しい種類も沢山出てきています。

でも、心は定番やで・・・と高鳴っています(笑)

それが欲しくて買いに行くんですから、基本は。

求めていたカルネとビーフカツサンド、ニューバードもありました。

ところが、ところが・・・、新種のカルネを見つけてしまった!

スモークサーモンカルネ。美味しそうです♪

いつものカルネもいいけど、ちょっと食べ続けて、買い続けて、違うバージョンも欲しくなっている消費者の心理を、
まるで手に取るような新バージョンです(笑)

志津屋店内

カルネは、似たような別種のものではなく、全くの新種がある!みたいな感じでした。

即、トレーに乗せました^^

新しいものも買ってみるけど、やっぱりそこに落ち着くか・・・というのが、
本日購入した品々。

一つは新しいバージョンですが。

たまに食べたくなる志津パンのうちの、三種類を買って帰りました。

新カルネ?はスモークサーモン、ビーフカツサンドはミニサイズのものでお腹がふくれる三種類

SIZUYAのパン

まずは新種カルネ、スモークサーモンカルネです。

スモークサーモンカルネ

スモークサーモンが珍しく、ソースも美味しそうです。

普通に美味しいですけど、これはカルネと呼べるのか?という疑問がありましたね。

カルネはマーガリン、ハム、玉ねぎのシンプルな味ですが、これは別物です。

でも美味しい!

志津パンのもう一つの名物ポテトのパンのポテトサラダが、
入っているみたいな味付けにしてあって、好きな味です。

パンズも柔らかめですし、やっぱり王道カルネとは違うかな。

次はビーフカツサンド。

これも大きなのと、半分くらいのと二種類あります。

大きいのだと、他のパンが食べきれない可能性がありますし、
色々楽しみたい時などにも、こちらの小バージョンが良いかと思います。

ビーフカツサンド

このビーフカツサンドは、何といってもソース!

このソースと、衣の味付けなしでは語れないですね。

少し甘酸っぱいフルーティなソースと、カツが期待を裏切らない味の定番です。

ビーフカツサンド

もう一つは、ニューバード。

これも昔からある「志津パン」の定番。

むしろ、昔の復刻版で出てきたのかな?と思うのですが。

カレー味のふんわりした生地のパンに、
これまた志津パン独特のウィンナーソーセージを入れてあります。

このソーセージと、パン生地のコラボしかありえないほどです(^^)

・・・、でももしかしたら、
かなり昔のソーセージとは少し変わっているかもしれません。

四角い魚肉ソーセージのようなものだった、かすかな記憶も残っているからです。

でも、どちらでも美味しいのでOKです^^

ニューバード

私の志津パンのおすすめ、と言ったら、この三つでしょうか?

はじめてカルネを食べるのであれば、やはり定番カルネをお勧めします。

あのバター味にハムと玉ねぎ…の味は、他ではない比率でしょうね。

本日もごちそうさまでした。

志津屋(SIZUYA)三条店

 

HPはこちら

075-231-0055

営業時間  7:00〜22:00

日曜営業 営業時間は変更になる場合があるので要確認

最近の投稿

-テイクアウト
-, ,

© 2021 ひとりはんなりグルメ