出町ふたば

テイクアウト

出町柳散歩で出町輸入食品コーヒー豆とふたばの生菓子をテイクアウト

満寿形屋の名物鯖寿司きつねうどんセットでランチを食べた後、周りを散策しました。

まず行ったことがなかった出町輸入食品さんに入りました。

創業60年になるのだそうです。

コーヒー豆にこだわりの出町輸入食品で美味しく試飲コーヒータイム

出町輸入食品

コーヒー豆などの販売があるのは知っていたのですが、
店舗内は、輸入食品のお菓子なども置いてあり、

特にコーヒーへの思いが、こだわりの豆選びや焙煎になっているのですね。

出町輸入食品

コーヒーの種類を聞いて、一番飲みやすそうなスペシャルブレンドを、
ペーパー用にひいてもらいました。

出町輸入食品

その間、コーヒー飲まれますか?と、普通量のコーヒーを出してもらいました。
このお店はコーヒーの試飲があるそうで、後から入店の人もいただかれてました。

出町輸入食品
試飲カウンターがあります

出町輸入食品さんのサービスコーヒー、美味しかったんですよ。

他にもコーヒーのみの?お客さんも来店、

え、飲むだけ?

とちょっとびっくり。

それだけサービスが根付いてるんですよね^^
コーヒーも試しに100g、挽いてもらいお店を後にしました。

散策した帰りにふたばのお菓子もテイクアウト

今出川の交差点でも、大文字がよく見えます。

大文字山

ぐるりとまわって逆方向から商店街にはいりました。

出町の映画館です。

出町映画館

なんかゆったりした空気が、流れていきました♪

レトロで懐かしい雰囲気って、心も落ち着きます。

そして、

ふたばさんで大福と桜餅ゲット!

出町ふたば

本日は予約だったので、早めの時間に持ち帰れました。

さあ、帰ったらお茶の時間でーす♪

出町ふたば

豆大福とよもぎ大福と桜餅に挽きたてのコーヒー

出町ふたば

老舗のこだわりが、包装紙にも書いてありました。

出町ふたば

さっそく開けてみたら、出来立てふんわり~。

ちょうど運動した消費量を、また戻すようなお菓子の数々。
でも、悔いなくいただきまーす!

出町ふたば

豆大福は「こしあん」です。

なんと!素朴な手作りのハーモニー♪

豆は塩味で、餡は優しい上品な甘さ、
餅の皮はこね方が違うのか厚くて、もっちり。

それぞれの歯ごたえが違う!

この三つの味が、一緒に味わえるんだーと改めて感じた次第。

出町ふたば

よもぎ大福は、「粒あん」で、よもぎの皮とこれも合っています。

どちらかというと、田舎で作るような皮っぽいのかな。

洗練されたというよりは、ダイナミックな味を楽しむような感じです。

出町ふたば

桜餅は、二重くらいの桜の葉に包まれてました。

出町ふたば

こちらも「こしあん」で、もち米が細かくお菓子用に作られているのですね。

桜餅は塩漬けの葉と、こしあん、もち米の三つ味が、優しく繊細なコラボでした♫

違いを少しずつ味見したので、コーヒーもいれてみました。

100gだけど、十回分はありそうな感じ。

出町輸入食品スペシャルマイルド

ドリップするとき、風味と色は苦そうかなぁと入れてみて、
ちょっとゆっくり飲んでみましたが、

名前通りスペシャルブレンド、スッキリして苦みなく、雑味もないような、
ストレートで飲んでも、本当に美味しいコーヒーでした♫

出町輸入食品スペシャルマイルド

このコーヒーはリピ決定です^^

こだわりのお菓子店とコーヒー店、そして、めん、鯖寿司どころの満寿形屋さん、

出町柳は昔ながらの、名店揃いでした♫

昭和の香りと、こころも温まるような手作り、そしてそんな場所でした。

ごちそうさまでした。

出町輸入食品 情報はこちら

でまちゆにゅうしょくひん Webサイト

※当ブログは北店についてですが、本店をご紹介します

075-231-1110

〒602-0842 京都府京都市上京区栄町367

営業時間

9:00~18:00

出町ふたば生菓子店 情報はこちら

でまち ふたば

〒602-0822 京都府京都市上京区出町 今出川上ル青龍町236

075-231-1658

営業時間 8:30~17:30

定休日 火曜・第4水曜(祝日の場合は翌日)*お正月休みは長め


京都ランキング

最近の投稿

-テイクアウト
-, ,

© 2021 ひとりはんなりグルメ